バルクオムはアラフォー世代のメンズに効果はあるのか?検証レビュー!
Pocket

メンズコスメで人気急上昇中のBULKHOMMEですが、アラフォー世代の男性で気になっている人も多いのではないでしょうか?アンバサダーに同世代の窪塚洋介さん(1979年生まれ)が起用されていますし、芸能人とはいえ同じ世代の男性ですから、個人的にはアラフォー世代の男性でも使い心地のいいメンズスキンケアだと思ってはいたのですが・・・。

実は私も気になっていた商品だったので、今回は実際に使用してみた感想と、効果について検証レビュー記事を書いていきたいと思います。同じアラフォー世代の男性は、ぜひ参考にされてみてください。

バルクオムはアラフォー世代でも効果は期待できるのか?

アラフォー世代の男性といえば、若い頃は洗顔はやっていたとしても、それ以外にスキンケアと呼ばれるようなことはしてこなかった世代ではないでしょうか?実際に私もそうでしたし、30歳前後くらいから顔のたるみやほうれい線、目の下のたるみなどが目立つようになりました。

若い頃なんて、男とが化粧水とか乳液とかそんな女がするようなことをするもんじゃない!というのが常識的に認識されていましたし、男がスキンケアなんてするもんじゃない!と思って生きてきましたからね。そりゃあ、顔もたるむしほうれい線もクッキリでてきますし、目の下もたるんでしまいます。

 

アラフォー世代の肌はダメージ受けまくり

そんなノースキンケア世代である我々の肌に、バルクオムはどれだけ効果があるのかは気になるところですが、これまでまともにスキンケアなどしてこなかったアラフォー世代の肌について少し触れていきたいと思います。

ほとんどの男性は、洗顔しかしてこなかったと思いますが、その洗顔方法すら間違っていることをご存じでしょうか?

しっかり泡立てない
手のひらで顔をこすってしまっている
タオルでゴシゴシふいている

この洗顔の方法では、薄くて弱い顔の皮膚は痛んでしまうし、乾燥しやすくなります。乾燥しやすくなると、脂を余計に分泌して肌を守ろうとするので、いつも顔がテカテカしてしまいます。

その上、普段から日焼け止めを塗る男性はいないでしょう。紫外線は肌に大きなダメージを与えますし、しかも1年中降り注いでいます。紫外線は肌の弾力と潤いを奪ってしまうので、顔がたるんで乾燥肌になってしまいます。個人差はあるのは間違いないですが、私は見事に肌がたるんで肌が乾燥しているので、脂でテカテカしやすいです。とても自信をもって人に会えるような感じではありませんでした。

今でこそ、スキンケアも紫外線対策もするようになりましたが、これまで何もしてこなかったために、同世代の人よりも老けてみられることがかなり多いです。私と同じような男性の人は、知識としてしておいた方がいいですよ!

 

バルクオムの効果を検証レビュー

バルクオムスターターキット

ではここから、バルクオムをアラフォー世代の私が実際に使ってみた使用感や感想、効果についてレビューしていきたいと思います。効果については、通常は使い続けることで肌の変化などがわかってくるのですが、それだと時間がかかってしまいますのでスキンチェッカーを使っていきたいと思います。

スキンチェッカー

 

スキンチェッカーとは?

肌の状態を数値として確認できる優れもの!物にもよりますが、今回は水分量・脂分量・弾力の状態がわかるスキンチェッカーを使用しています。

 

バルクオムの洗顔

バルクオムの洗顔料ですが、石けんベースで肌に優しいのが特徴です。

そして、実際に泡立ててみるとわかりますが、とにかく泡がすごいッ!

めちゃめちゃキメが細かい泡がモッコモコになります!

バルクオム洗顔料の泡立ち

画像だと伝わりにくいのが悲しいですが、例えるなら濃厚な生クリームのような感じです!これは正直驚きましたし、ちょっと感動ものでした!泡のキメがかなり細かいので、洗顔しているときも肌触りが気持ちいいです。

1つだけ気になったことは、洗い上がりです。

少しだけですが、肌がつっぱったような感じがするのでそこが唯一気になった点です。ただ、余分な皮脂はしっかり落ちている実感は感じられました。ですので、すかさず化粧水を付けていきます。

 

バルクオムの化粧水

バルクオム化粧水

バルクオムの化粧水は、ほんのり良い香りがします。

サラーっとしていますので、こぼさないように手のひらに広げたら、そのまま顔に押し当てるように付けていきます。取扱説明書にパッティングと書いてあるのですが、パンパン叩くと・・・痛いです(笑)

肌はかなりデリートなので、肌に押し込むようにするといいと思います。

バルクオム化粧水の使用感

画像だとよく見えませんね(笑)

そして!化粧水を付けたのでスキンチェッカーで肌の状態を確認してみます!

化粧水を付けてすぐは、本当の数値がわかりませんので5分ほどおいて計ってみました。ちなみに化粧水をつけて2分後くらいには肌がサラッとして角質層まで浸透している状態でした。

バルクオム化粧水を付けて5分後の肌の状態

いい感じです。

まぁ、化粧水を付けて5分後なので、私の場合は大抵このような数値になります。

化粧水もしっかり角質層まで浸透してくれたので、ここから乳液を付けていきます。

 

バルクオムの乳液

バルクオム乳液

バルクオムの乳液もほんの~りいい香りがします。

男性であればあまり乳液まで使う人は少ないかもしれませんが、化粧水だけだとせっかく潤った肌から水分が蒸発しやすくなってしまうので、個人的には乳液まで付けた方がいいと思います。

バルクオム乳液の使用感

乳液は手に取りだしたら、手の平全体に広げて10秒ほどそのままにします。手の平の体温で温めてから付けるといいですよ。男性の場合は、顔に乳液などを付けた時の感覚が苦手ない人もいるかもしれません。女性と違って、化粧もしませんからそのような感覚に慣れていないんですよね。私も漏れずにそのタイプです。

でも、バルクオムの乳液は、付けた感じも特段イヤな感じもありませんでしたので、普段からスキンケアをしてこなかった男性でも続けられると思います。やっぱり使用感ってとても大事で、肌に良いとわかっていても、顔に付けたときの感覚が馴染めないと続かないんですよね。私もそれが原因で、今では使っていないものもいくつかありますので。

そういった意味でも、やっぱり男性には男性用のスキンケア商品が合っていると感じています。

 

肌がサラッとしてきたところで、もう一度スキンチェッカーで肌の状態を確認してみます。

バルクオム化粧水・乳液を付けて15分後の状態

ほとんど変わりありませんね!イイ感じが続いています!

ちなみにこの時点では、化粧水を付けてから15分ほど経っていている状態です。市販の化粧水とかだと、このくらいの時間から数値がグッと下がってくるものも多くなってきますので、それを考えると保湿をしっかりとキープしてくれていると言えます。

そしてさらに15分後もスキンチェッカーで計ってみました。

バルクオム化粧水・乳液を付けて30分後の状態

最初に化粧水を付けてから30分後の状態となります。この数値はかなり満足ですね!しっかりと保湿できている状態と言えると思います!

 

オールインワンタイプとの違いやメリット・デメリット

私は普段はオールインワンタイプを使っているのですが、バルクオムとオールインワンタイプを比べてみた結果のメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

バルクオムのメリット・デメリット

デメリットはなんといっても手間です。

オールインワンタイプと違って、【洗顔化粧水乳液】という順番でスキンケアをしていくので、オールインワンタイプと比べると手間が増えます。ただ、実際に使ってみた感じはそこまで負担に感じることはなく、あえてデメリットを上げればこれくらいかなぁ・・・といった印象でした。

 

メリットは保湿力持続力ですね!

手間がかかってしまう分、やっぱりオールインワンタイプよりも保湿力や持続力は高いように感じます。そして、洗顔料の泡。バルクオムの泡のキメの細かさは、今まで使ってきた洗顔料の中ではダントツです。泡もしっかりしているし、肌触りがとにかく気持ちいい。

そして泡が肌表面をしっかり覆ってくれるので、手の平との摩擦が少なくなります。結果として肌を傷めにくいと感じましたし、正しい洗顔方法を知らない人でも、使いやすいと思います。

 

バルクオムが向いている人

実際にバルクオムを使ってみて、どんな人に向いているか?と考えると、以下のような人に向いているのではないかと思います。

バルクオムはこんな人におすすめ!

◆スキンケアをしてこなかったアラフォー世代のメンズ
◆人と接する機会が多い人
◆オールインワンタイプよりもスキンケア商品にこだわりたい人
◆乾燥肌・脂性肌の人
◆化粧水や乳液を付けたときのまとわりつく感覚が苦手な人

◆スキンケアをしてこなかったアラフォー世代のメンズ

アラフォー世代になるまでに、ほとんどスキンケアをしてこなかった男性の肌は、正直荒れまくっているはずです。そのような人は、オールインワンタイプよりもバルクオムのように化粧水と乳液が別々になっているタイプの方がいいです。やっぱりオールインワンタイプよりも効果は高いので。

◆人と接する機会が多い人

人と接する機会が多い人

仕事柄人と接する機会が多い営業職・接客系の仕事をしている人などは、第一印象が大切になるでしょう。肌の状態がいい人は若くも見られますし、清潔感も感じられます。そのような仕事をしている人はスキンケア商品もこだわった方がいいでしょう。

◆オールインワンタイプよりもスキンケア商品にこだわりたい人

スキンケア商品にこだわりたい人

これまでオールインワンタイプを使ってきた人で、もうワンランク上のスキンケア商品を試してみたいという人にもおすすめです。実際に保湿力や持続力も高かったので、さらにスキンケアにこだわりたい人向けと言えます。

◆乾燥肌・脂性肌の人

乾燥肌・脂性肌の人

特に、乾燥肌・脂性肌の人には試す価値ありです。洗顔後の洗い上がりにも、化粧水・乳液を付けた後の保湿感も満足できるものだと思います。洗顔後のしっかりと余分な皮脂が落ちてる感は特に実感しやすいと思いますよ。

◆化粧水や乳液を付けたときのまとわりつく感覚が苦手な人

化粧水・乳液を付けた時のまとわりつく感覚が苦手な人

よく、こだわりすぎて女性用のスキンケア商品を試してみる人がいますが、女性用は肌にまとわりつく感じが強いので多くの男性は嫌な感じがすると思います。なにを隠そう、私も試してみたことがあるからです(笑)

最初は頑張って使おうとするのですが、その感覚が段々イヤになってきて使わなくなってしまいましたので、そうなってしまうとスキンケア自体をしなくなる可能性もあります。メンズ用スキンケア商品というのは、そういった部分も考えて作られているのでスキンケア商品にこだわりたい人でもメンズ用の中から選んだ方がいいと思います。経験上そう思います。

 

男性の肌は日ごとにダメージを受け続けている

男の肌はダメージを受け続けている

男性は女性に比べて肌の状態がちょっと違うんですね。

よく、「メンズこそスキンケアをするべきッ!」みたいなサイトを見ませんか?あれって、男性の肌の特徴に関係しているのですが、個人的にはそれ以外にも「メンズこそスキンケアをするべきッ!」という理由があると思っています。

「メンズこそスキンケアをするべきッ!」という理由

◆女性に比べて男性の肌は水分量が3~4割ほど少ないので乾燥しやすい
◆肌が乾燥しやすいため皮脂が多く分泌されテカテカになりやすい
◆女性のように化粧をしないので紫外線のダメージを100%受けている
◆紫外線のダメージでさらに保湿力が低下し肌の弾力がなくなってくる
◆肌の弾力がなくなると目の下のたるみやほうれい線が目立って老け顔に見えやすい
◆アラフォー世代になると紫外線のダメージでシミやそばかすなども目立つようになる
◆肌のたるみやくすみは第一印象にも影響を与え老けた印象を与えるという実験結果も出ている

正直、いいことなんて1つもないんですね。

これまでスキンケアなんてしてこなかった私が、スキンケア商品にこだわったり、出来る限り努力しようとしてきた背景には、このような事実を知ったからです。

反対に言えば、これまで何もスキンケアをしてこなかった人というのは、上記のような状態が続いているとも言えるわけなので、1秒でも早くスキンケアを始めた方がいいです。今後、アラフィフと呼ばれる年齢になった時には、スキンケアをしてきた人としてこなかった人の差は、より一層広がっているはずですので。

男性の中でも随分スキンケアに興味を持ってきている人も少しずつですが増えてきました。ここ最近、メンズスキンケア商品のCMが増えてきているのがその証拠です。スキンケアを始めている人は既に始めています。その人たちは、上記のような事実を知っているからでしょう。女性からの印象も悪くなりますからね(笑)

今の時代の流れとして、『肌のきれいな男性は仕事もできる』といったようなことも言われてきているので、今後も当たり前のようにそんな風に言われるでしょうし、そのような雰囲気がこれからますます強くなっていくと予想しています。時代の流れに乗り遅れないようにしていきましょう!

 

ブログランキングに参加しています!

応援していただけると本当に嬉しいです^-^


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村


LINE@でも男の悩みに関する情報を発信しています!
LINE@への登録する
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事