老け顔の男の特徴は?フケメンが3つの方法で若返る方法は?
Pocket

 

老け顔といわれる男性特徴は、肌のたるみ肌のくすみ、そして多すぎるシワが原因でしょう。だいたい30歳前後から老け顔と言われだす人が多いと思いますが、それには理由があります。それは、スキンケアをしていないから。しかし、30歳からでも3つの方法で今よりも若くみられる方法があります。

 

こんな人に読んでほしい!

この記事では次のような悩みを持つ人に読んでほしい記事です。

◆30歳を超えたあたりから、老け顔と言われるし、自覚している男性。

◆これまで、特にスキンケアをしてこなかった男性。

◆今よりも、少しでも若々しい顔を手に入れる方法を知りたい男性。

老け顔と言われる男性は若く見られる男性と何が違う?

 

老け顔に見られる男性は、若々しく見られる男性と何が違うのでしょうか?これは、もともとの顔立ちが関係していると思っています。童顔の人は、いつまでたっても若い印象がありますよね?では、童顔ではない男性は、ずっと若く見られないのか?というと、そうでもありません。

 

これは、人が第一印象を決めるときに、無意識のうちに目の周りとほほを見て印象を決めているため、ここを重点的にケアしてあげれば若々しい顔は作れます。また、肌がくすんでいると老けてみられ、肌が明るいと若く見られるという実験結果もあるのです。

 

この記事で知ってほしいポイント!

老け顔に見られる男性の特徴は、肌の『たるみ』『くすみ』『多すぎるシワ』

老け顔の男性が若々しく見られるためには、『保湿』『紫外線』『表情筋』の3つの対策が必須!

ほ女性は第一印象を『目の周り』『ほほ』を見て判断している。

老け顔の男性の特徴は肌の『たるみ』『くすみ』『シワ』

 

メンズスキンケア商品を長年提供している株式会社マンダムが、2017年9月に開催された第22回日本顔学会大会(フォーラム顔学2017)で、ミドル世代の男性の顔を見たときに、どこを見て「若々しい」と判断しているのか?を視線計測をおこなった実験結果を発表しています。

 

Q.女性(に限らず男性も)が、初見で男性の顔のどの部分を注視しているのか?

  1. 目元周辺(約30%)
  2. ほほ(約20%)

このような結果になったそうです。

※同大会では、40歳代の「若々しい」印象は、肌の明るさに左右されるということも報告されています。

 

目元は相手の顔を認識するうえで見る部位になるとのことなので、一番見られる部分になります。続いてほほを見ているのですが、ほほの肌がたるんでいたり、くすんでいたりすると老けてみられるということです。

 

つまり、目元の肌とほほの肌がたるんでおらず、肌もくすんでいなければ若々しく見られるということです。さらに言えば、深いほうれい線などが薄くなればもっと若々しく見られます。

 

ほうれい線ができるのは、肌のたるみによって現れてくるシワなので、ほうれい線が薄くなるということは、同時に肌のたるみも解消されているということです。肌の『たるみ』『くすみ』『シワ』を改善していくことで、「若々しい」印象は意図的に作り出せるということです。

 

 

老け顔の特徴①:肌のたるみ

 

第一印象で一番視線が集まる部分の目元周り、そして次に視線が集まるほほ。この2ヶ所の肌がたるんでいる場合、『老け顔だな・・・』と思われてしまいます。あなたが老け顔と言われたり、自覚している場合は、鏡を見てチェックしてみてください。

 

老け顔の特徴②:肌のくすみ

 

特に40歳代の男性は、肌がくすんでいると老け顔とみられてしまいます。特に男性の場合は、女性と違い化粧などをすることもありませんので、肌のくすみはごまかせません。肌がくすんでいると、不健康なイメージも持たれやすいですし、老けてみられてしまうのです。

 

老け顔の特徴③:多すぎる肌のシワ

 

シワだらけの顔は、当然老けてみられます。若い時からスキンケアの意識が高い女性はいいですが、男性は自覚するまでほとんど何もしてこなかった人がほとんどでしょう。これまでに蓄積されたダメージが、30歳前後になるとシワやたるみとして現れてくるのです。

 

老け顔から若々しい顔を作り出す3つの方法

 

若々しい顔と印象付けるには、目元・ほほの肌を健康な状態にすればいいということがわかりました。ではここからは、具体的にどうやって健康な状態にしていくか?という方法について解説していきます。スキンケアは、毎日の積み重ねが大切です。しっかりとスキンケアを続けていきましょう。

 

老け顔改善方法①:保湿対策~日々のスキンケアは必須~

 

老け顔を改善する方法として、まずは何といっても保湿対策(乾燥対策)は必須です。肌に水分がなければ何も改善されませんので、保湿対策は超重要事項です。では、具体的に保湿対策はどうすればいいか?というと、洗顔のあとに化粧水・美容液・乳液を付けてスキンケアをするということになります。

 

しかし、男性の場合、このような手順をふんでのスキンケアは難しいと思います。そこで、すごく便利なオールインワンジェルというものを使用します。オールインワンジェルとは、化粧水・美容液・乳液といった作業をたったの1回で終わらせることができるものです。正直、男性にはオールインワンジェルの方が向いています。

 

オールインワンジェルを使えば、【①洗顔-②化粧水-③美容液-④乳液】という4ステップの工程を、【①洗顔-②オールインワンジェル】と半分の2ステップでスキンケアが可能です。また、どんなオールイワンジェルを使うかも重要です。

 

私がおすすめするのは、ZIGENオールインワンフェイスジェルです。配合されている美容成分が凄いので、女性でも購入者がいるほどです。私が知る限り、1番コスパが高いオールインワンジェルなのでおすすめです。

 

 

老け顔改善方法②:紫外線対策~紫外線は1年中降り注いでいる~

 

保湿対策と同じくらい超重要事項になるのが紫外線対策です。日焼け対策と言えばわかりやすいと思いますが、紫外線対策は1年中必要です。秋でも冬でも春でも、雨でも雪でも曇りでも、紫外線は常に降り注いでいます。

 

紫外線を浴びた肌は、弾力を失いシミやくすみの原因にもなります。保湿対策と紫外線対策を行っておけば、スキンケアのほとんどは終わっていると思ってもいいくらい、肌への影響が大きいです。

 

具体的には、日焼け止めを毎日使用するのですが、日焼け止めにも種類があります。普段使いであれば、PA++ SPF20くらいがいいです。日焼け止めは、PAの「+」と、SPFの「数字」が多ければ多いほど、紫外線をカットしてくれるのですが、強すぎるとかえって肌を痛めてしまいます。夏のレジャーは別ですが、普段使いであれば【PA++ SPF20】くらいを使用して、こまめに塗りなおした方が絶対いいです。

 

老け顔改善方法③:表情筋対策~顔の筋肉はほとんど使っていない~

 

どれだけスキンケアをしても、たるみによってできたシワは消すことができません。これは、どんなに高級な美容液を使っても消せないのです。化粧品で消せるのは、乾燥による小ジワだけなのです。

 

そのため、たるみによるシワを薄くしたいならば、表情筋を鍛えるしかありません。実は表情筋は、普段あまり使われていないことが多いのです。そのため、意識的に表情筋を動かして鍛える必要があります。

 

筋肉は、何歳からでも鍛えることができます。私は毎日、お風呂に入っているときに表情筋トレーニングをしていますが、特に時間がかかるようなものではないので、ぜひ取り入れてみてください。表情筋トレーニングに関しては、こちらの記事でまとめていますので、参考にしてください。

 

 

老け顔の男性は『保湿』『紫外線』『表情筋』の3つの対策で若々しくなる!

 

老け顔と言われる男性の特徴と、対策すべき項目は以下の通りです。

◆老け顔に見られる男性の特徴は、肌の『たるみ』『くすみ』『多すぎるシワ』
◆老け顔の男性が若々しく見られるためには、『保湿』『紫外線』『表情筋』の3つの対策が必須!
◆女性は第一印象を『目の周り』『ほほ』を見て判断している。

 

若々しい顔は、意図的に作ることができます。スキンケアと紫外線対策、そして表情筋トレーニングを行って、老け顔を改善していきましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!

応援していただけると本当に嬉しいです^-^


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村


LINE@でも男の悩みに関する情報を発信しています!
LINE@への登録する
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事