メンズのほうれい線対策は?男性用化粧水の選び方の基準は?
Pocket

 

ほうれい線をどうにかできないかと考えて、化粧水を試してみようと思う男性もいるでしょう。でも、実際に化粧水を買おうとしたとき、どんな基準で選べばいいのかわからないですよね?

 

そこで、この記事ではメンズのほうれい線のための男性用化粧水の選び方の基準について説明していきます。化粧水の購入を検討している男性は参考にしてみて下さい。

 

こんな人に読んでほしい!

この記事では次のような悩みを持つ人に読んでほしい記事です。

◆ほうれい線対策のため化粧水の購入を考えている男性で、どんな基準で化粧水を選べばいいのかわからない人。

この記事を読むことで、ほうれい線対策のための化粧水の選び方・選ぶ基準がわかります。化粧水を購入するときの参考にされてみてください。

男性の肌は女性に比べて水分量がかなり少ない!

 

男性の肌は、女性に比べて水分量がかなり少ないです。女性の肌の水分量を100としたとき、男性はおよそ60%~70%程度といわれています。そして、皮脂量は、女性のおよそ2倍ほどあるのです。

 

皮脂量が多いのは、乾燥や紫外線などから肌を守るためなのですが、脂性だったりテカリ顔になるのは正直イヤですよね?これは、肌の保湿を保つことで改善することができます。つまり、男性こそ保湿が必要な肌質といえるのです。そして、化粧水を洗顔後に使用することで、保湿することができるので化粧水は絶対に使用すべきなのです。

 

この記事で知ってほしいポイント!

男性の肌は女性よりも水分量が少ないため、男性こそ保湿が必要な肌質と言える。

テカリ肌や脂性は、保湿対策をすることで抑えられる。

化粧水は肌の保湿を助けてくれるので、絶対に使用した方がいい。

化粧水には選ぶ基準がある。

メンズのほうれい線対策に化粧水は有効なの?

 

そもそも論になってしまうのですが、メンズのほうれい線対策として、化粧水は有効なのでしょうか?まずは、化粧水の有効性について解説していいます。

 

メンズのほうれい線の原因は乾燥?洗顔だけのやっても改善はしない?

 

男性のほうれい線ができてしまう原因は様々ありますが、ほとんどの男性にあてはまる原因の一つは乾燥です。これは、ほうれい線にかかわらず肌トラブルの元凶と捉えてもらっても過言ではありません。

 

通常、化粧水は洗顔後に使用します。洗顔後の肌の状態は、汚れや皮脂が落ち清潔な状態になっています。しかし、同時に肌の水分も奪われている状態でもあるのです。

 

多くの男性の場合、これまで洗顔のみだったという人も少なくないでしょう。もともと男性の肌は女性に比べて水分量が少ないのですが、さらに洗顔のみという状態は、肌が乾燥せざるを得ないということです。

 

メンズのほうれい線対策に化粧水はなぜ必要なの?

 

そこに化粧水を使用するとどのような効果が得られるのかというと、化粧水の70%以上は水分でできています。そこに、水に溶け込みやすい美容成分を配合したものが化粧水なのです。

 

肌の表面の角質層に水分と一緒に美容成分が届けられ、肌の状態を整えることができます。つまり、保湿ができるということです。さらに保湿だけではなく、化粧水の後に使用する乳液やクリームの成分も、化粧水の効果により成分が行きわたるようになります。こういった理由から、メンズのほうれい線対策として化粧水は必要と言えるのです。

 

メンズのほうれい線対策にオールインワンタイプは有効?

 

メンズスキンケアでも、基本的に女性と同じような流れで肌ケアをしていきます。

①洗顔②化粧水③美容液④乳液・クリーム

 

めんどくさいな・・・

そう思った男性も多いですよね?

 

このような男性には、オールインワンタイプがおすすめです。オールインワンタイプは、洗顔後に塗ればいいので、上記の工程でいえば2ステップで完了です。

 

正直、女性のように手間をかけれない男性も多いでしょうし、ズボラな男性はオールインワンタイプの方がいいと思います。オールインワンタイプは、確かに化粧水や保湿クリーム単体で使うよりは効果は落ちてしまいます。

 

しかし、どんなものであっても続けなければ意味がないので、時間がない・続けられる自信がないという人は、オールインワンタイプがいいでしょう。

 

男性用化粧水を選ぶ基準は?

 

それでは、ほうれい線が気になる男性が選ぶべき、化粧水の基準について詳しくみていきましょう!これから化粧水の購入を考えている男性は、一つの基準として参考にしてみてください。

 

保湿成分が入っているものを選ぶのは最低限の基準!

 

メンズ化粧品を選ぶ上で、一番重要な基準は保湿成分が入っているか?ということです。化粧水にしても、保湿クリームにしても、化粧品には成分表が記載されています。

 

その成分表を確認して、下記にご紹介する成分が入っているものを必ず選ぶようにしましょう。ただし、成分表には何が含まれているかは確認できますが、どれくらいの量が含まれているのか?というのは記載がありません。

 

ですので、実際に使用してみないとわからないですし、人にはよくても自分には合わなかったということもありえます。人それぞれ肌の状況も微妙に違うので、それはしょうがないことのですが・・・

 

ただ、この成分は入っているものを選んだ方がいいというのはありますので、最低限の基準として考えていただければと思います。

 

3大保湿成分は超重要!

 

化粧水を選ぶ基準は、3大保湿成分といわれているものが含まれているか?です。3大保湿成分とは以下の成分です。

 

3大保湿成分!

  • セラミド
  • ヒアルロン酸Na
  • コラーゲン

 

この3つの保湿成分が全て入っているか?もしくは2種類は入っているか?が、化粧水を選ぶ上での基準と考えるといいです。それぞれの成分について詳しくみていきましょう。

 

セラミド

 

セラミドは、肌を根本的によくしてくれ、保湿力を高めてくれる成分です。角質層内で外部刺激から肌を守ってくれるバリア機能を持っています。

 

そのセラミドの中でも、特に優れた能力を発揮してくれるのが、ヒト型セラミドといわれるものです。ヒト型セラミドは成分表には以下のような表記で書かれているので、化粧水を購入する前にしっかりと確認してみてください。

 

ヒト型セラミドの成分表の名称

◆セラミド1(EOP) ◆セラミド2(NSまたはNG) ◆セラミド3(NP) ◆セラミド6 ◆セラミド6Ⅱ(セラミドAP)
◆セラミド4 ◆セラミド5 ◆セラミド7

 

特に上段の5種は、セラミドの中でも肌にとって重要な保湿成分となります。かなり貴重な成分のため、含まれている化粧水自体も少ないですし、高価な化粧水に含まれているイメージです。

 

市販で売られているメンズ用化粧水で、1,000円未満のものにはまず配合されていないと考えてよさそうです。

 

ヒアルロン酸Na

 

ヒアルロン酸Naは、セラミドに比べると保湿力は落ちますが、それでも1gに6リットルの水分保持力があると言われています。セラミドに比べて安価なので、この成分が含まれているメンズ化粧水は多いでしょう。

 

成分表には、ヒアルロン酸Naやアセチルヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸などの名称で書かれていますが、アセチルヒアルロン酸が一番保湿効果が高いです。しかし、基本的にヒアルロン酸と記載されていれば保湿力の高い化粧水と判断して大丈夫です。

 

コラーゲン

 

ヒアルロン酸と同等の保湿能力があるのが、コラーゲンです。成分表には、加水分解コラーゲンや水溶性コラーゲンなどの名称で記載されていることが多いですが、コラーゲンの表記があれば保湿能力が高い化粧水と判断していいです。

皮膚の約70%は、コラーゲンで構成されていて、人の体を作っているたんぱく質のおよそ30%も、このコラーゲンです。肌のハリや弾力を保つためには必要な成分で、年齢を重ねるごとに減少していきます。

 

そのため、コラーゲン入りの化粧水などを使用し、減少するコラーゲンを補う必要があるのです。特にほうれい線はたるみによって現れてくるので、コラーゲン入りの化粧水は選びたいところです。

 

 

化粧水以外のメンズスキンケア

 

メンズスキンケアとして乾燥対策は第一に優先すべき対策ですが、これ以外にも重要なことがあります。

  • UVケア(紫外線対策)
  • 表情筋マッサージ

この2つです。

 

スキンケアと聞くと、化粧水や乳液などの化粧品ばかりに意識がいきそうですが、この2つもとても重要なポイントとなります。

 

UVケア(紫外線対策)

 

紫外線は夏だけではなく、1年中降り注いでいるのをご存じでしょうか?女性のように化粧をしない男性は、1年中降り注いでいる紫外線を1年中浴び続けていることになるのです。紫外線を浴びることで、肌の保湿と弾力が失われていきます。そのため、化粧水で保湿だけを頑張っても、外に出ればダメージを受け続けているので、肌の乾燥やハリ不足をなかなか解消できないことが多いのです。

 

UVケア(紫外線対策)と聞くと、真っ先に思い浮かぶのが『日焼け止め』だと思います。UVケアは日焼け止めでケアすることが可能です。ただ、使用する日焼け止めの種類や正しい使い方を理解していないと、かえって肌の乾燥に繋がることもあります。UV対策(紫外線対策)は必要ですが、その前に正しい使い方を知っておく必要があります。

 

ほうれい線マッサージ

 

メンズスキンケアは、化粧水や美容液などの『保湿対策』も重要ですが、毎日行えるマッサージもかなり有効です。表情筋と言われる顔の筋肉は、実はあまり使われていないことが多いので、加齢とともにたるんできてしまいます。

 

特に、仕事などで難題や問題を抱えているときに、眉間にシワが寄っていたり、への字口になっていませんか?そのようなネガティブな表情が日常的に続くと、顔のシワを増やしてしまい、さらに老け顔へと進んでしまいます。

 

そのため、毎日意識して表情筋を鍛えるマッサージを取り入れた方が若々しさを保てますし、スキンケアと並行して取り入れることで、相乗効果が期待できるのです。自宅で簡単にできるほうれい線マッサージをこちらの記事でまとめています。

 

 

私はほとんどのマッサージを、お風呂の中で済ませています。時間もかからないので、スキンケアと一緒に取り入れていきましょう!

 

メンズのほうれい線対策で化粧水を選ぶ基準は3大保湿成分!

 

ほうれい線の大きな原因は、乾燥と紫外線による肌ダメージで肌がたるみ、ほうれい線が現れてくることです。化粧水や保湿クリーム、オールインワンタイプのものを選ぶ基準としては、3大保湿成分が入っているものを選ぶことが重要です。

 

3大保湿成分!

◆セラミド  ◆ヒアルロン酸Na  ◆コラーゲン

 

この3つの保湿成分が全て入っているもの、もしくは2つ入っているものを基準に選ぶようにすることが大切です。男性は女性に比べて水分量が60~70%ほどしかないため、保湿は積極的におこなっていくことが望ましいです。

 

また、紫外線対策として日焼け止めも積極的に使用した方が、ほうれい線を始めとしたシワ対策にもつながります。乾燥と紫外線の対策をするだけでも、大きな対策になりますのでほうれい線が気になる人は必ず対策していきましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!

応援していただけると本当に嬉しいです^-^


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村


LINE@でも男の悩みに関する情報を発信しています!
LINE@への登録する
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事