メンズ化粧水と日焼け止めを付ける順番は?付けすぎは肌に負担になる?
Pocket

 

スキンケアを始めている男性も増えてきましたね。

化粧水はもちろんですが、日焼け止めで紫外線対策までしっかりケアする男性もいます。

ただ、化粧水とか乳液などのメンズコスメと、日焼け止めまで顔に付けて問題ないのかな?とか、順番はどっちが先なんだろう?という疑問を持っている人もいると思います。

 

女性なら誰でも知っていそうなことでも、男性はなかなか知る機会もありませんし、人に聞くにもちょっと恥ずかしかったりしますし、『女かッ!』と言ってくるような男性も少なくないので聞くに聞けないと思います。

 

そこで今回は、メンズスキンケアでもっとも重要な『保湿ケア』『UVケア』をおこなうための方法や順番などを解説していきます。

私自身も最初は分かりませんでしたが、いろいろ調べて知識も付きましたし、日焼け止めによるUVケアも実践しているので、どうやっているかをシェアしたいと思います。

 

この記事を読むと次のことがわかります!

◆化粧水と日焼け止めを併用する方法。

◆化粧水と日焼け止めを付ける順番。

◆肌に負担のかかりにくいメンズ日焼け止めの選び方。

 

化粧水と日焼け止めは併用してもOK!むしろ必ず併用すべき!

 

まず、化粧水と日焼け止めの併用に関してですが、併用してもなんの問題もありません。

むしろ、併用した方が肌への負担は軽減されます。

 

あまりデリケートな顔にいろいろ付け過ぎるのは問題がありそうに感じるかもしれませんが、化粧水と日焼け止めは一緒に使うようにした方がいいです。

 

その理由は、それぞれの役割を考えると理解できると思います。

分かりやすく解説しますね。

 

メンズ化粧水の役割と効果

 

すでに知っているかもしれませんが、メンズ化粧水の役割は肌を保湿してキメを整えたりすることですね。

つまり肌をいい感じの状態にするということです。

 

洗顔後の清潔な肌に化粧水を付けることで、保湿成分が角質層まで浸透していき肌に潤いを与えてくれます。

肌トラブルの大きな原因の1つである『乾燥対策』になるわけですね。

 

ポイントは洗顔後の清潔な肌に付けるということです。

古い角質や汚れ、余分な皮脂が残っている状態で化粧水を付けても、せっかくの保湿成分が肌に浸透しないのでその効果を十分発揮することができません。

 

メンズ日焼け止めの役割と効果

 

日焼け止めの役割も特に説明する必要はないかもしれませんが、もちろん日焼けしないようにするためです。

言いかえれば、紫外線による肌へのダメージを軽減する役割があるということですね。

 

『乾燥』と並ぶ肌トラブルの大きな原因である『紫外線対策』になります。

 

この日焼け止めはどういった原理で紫外線から肌を守っているかを詳しく知っている人は少ないと思いますので解説したいと思います。

 

日焼け止めは大きく2種類に分けられる

 

日焼け止めは、【紫外線から肌を守る方法】として大きく2種類に分けられます。

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線反射剤(紫外線錯乱剤)

 

紫外線吸収剤は、肌の表面で紫外線を吸収し、化学反応を起こすことで紫外線から肌を守ってくれます。

ケミカルタイプとも言います。

 

紫外線反射剤(紫外線錯乱剤)は、肌の表面で紫外線を反射させることで紫外線から肌を守ってくれます。

ノンケミカルタイプとも言います。

 

日焼け止めだけ塗ったら肌に負担がかかる

 

一般的に売られている日焼け止めはケミカルタイプが多いのですが、ケミカルタイプは肌の表面で化学反応が起こっているため肌への負担も大きくなります。

 

例えば、洗顔後の清潔な肌に日焼け止めを塗ったらどうなるでしょうか?

古い角質や汚れだけでなく、余分な皮脂も取り除かれた清潔な肌は、肌そのものがむき出しの状態になっているということです。

 

そもそも皮脂は、肌を外部からの刺激から守る(バリアの役割の)ために分泌されていますからね。

その上洗顔をすることで、肌の水分は揮発してしまい乾燥している状態になっているのです。

 

その皮脂(バリア)が洗顔でなくなっていて、しかも乾燥している状態の肌の表面で化学反応が起こっていると考えると、肌への負担が大きくなっているということが分かると思います。

 

メンズ化粧水と日焼け止めを付ける順番

 

 

化粧水と日焼け止めの役割を見てもらうとわかるように、化粧水は清潔な肌に直接付けることがポイントです。

そして日焼け止めは肌の外側で紫外線を吸収したり反射したりすることになるため、化粧水を先に付けてから日焼け止めを後から付けるというのが正しい順番となります。

 

ただし、化粧水だけでは不十分です。

保湿はできるのですが、肌の表面にバリアとなるものがあった方が、より日焼け止めの負担が軽減されます。

では、化粧水の後に何を付ければいいのでしょうか?

 

答えは乳液(保湿クリーム)です。

ほとんどが水でできている化粧水に対して、乳液(保湿クリーム)は油分でできています。

水分を外に逃がさないためのフタのようなものが乳液なのです。

 

『①化粧水⇒②乳液⇒③日焼け止め』が正しい順番

 

化粧水と日焼け止めを併用する時には、①化粧水⇒②乳液(保湿クリーム)⇒③日焼け止めという順番が正しい順番となります。

こうすることで、保湿対策と紫外線対策の両方がしっかりできますね。

 

ちなみにですが、私はオールインワン化粧水を使っていますので、①オールインワン化粧水⇒②日焼け止めという順番になります。

 

オールインワンとは?
オールインワンとは、化粧水と乳液(保湿クリーム)を兼ね備えたもので、特にまだスキンケアの習慣が浅い男性や仕事で忙しい人などは手間なく簡単にスキンケアができるためおすすめです。

 

肌に負担が少ない日焼け止めの選び方

 

続いて、メンズ日焼け止めの選び方についても触れておきたいと思います。

これまで説明してきた中にもあったように、日焼け止めは大きく2つの種類に分けられます。

 

またそれだけでなく、日焼け止めの効力の強さも種類がありますし、普通の洗顔で洗い流せるものもあれば、クレンジングでないと落とせない日焼け止めもあるのです。

 

こういった知識を持った上で、使用する日焼け止めを選ぶことが大切なんです!

 

日焼け止めについて簡単にまとめると、次のようになります。

ポイント①SPFとはシミやソバカスの原因となるUVBを防ぐ指標のこと

◆SPF20の場合 20~25分✕20=400~500分(6~8時間くらい)
◆SPF50の場合 20~25分✕50=1000~1250分(16~20時間くらい)

 

ポイント②PAはシワやたるみ・皮膚が黒くなるといったUVAを防ぐ指標のこと

● PA++++(極めて高い効果がある)

● PA+++(非常に効果がある)

● PA++(かなり効果がある)

● PA+(効果がある)

 

ポイント③SPFやPAの指標が高くなるほど肌への負担は大きくなり、クレンジングでないとちゃんと落とせないものが多い。

 

かなり簡単に説明しましたが、この3つのポイントをまずは知っておきましょう。

 

 

もう少し詳しく知りたい人はこちらの記事で解説しています。

 

普段使うならSPF20前後PA++で十分

 

普段から使用する日焼け止めなら、SPF20前後PA++くらいの日焼け止めで十分です。

紫外線対策として毎日付けるものですから、あまり強すぎるものを使っていると肌への負担もそれだけ大きくなってしまいます。

その上で、ノンケミカルタイプの日焼け止めならベストだと思います。

 

紫外線量が最も多くなる5月~9月の時期であっても、このくらいの日焼け止めで十分です。

こまめに塗りなおしながら使っていくようにしましょう。

 

真夏のスポーツやレジャーはSPF50前後PA++++を使う

 

真夏のスポーツやレジャーなどは、強めの日焼け止めを使った方がいいです。

SPF50PA++++の最高クラスものとかですね。

 

真夏の暑い時期に屋外で長い時間汗をかいたり、海やプールで日焼け止めが落ちやすいので、これくらいじゃないと紫外線から肌を守れないと思います。

屋外でのゴルフやサッカー・野球などのスポーツの時や、海水浴・プールなど水に濡れるような状況では強めの日焼け止めを使いましょう。

 

日焼け止めの種類によってはクレンジングで洗い落とす必要がある

 

日焼け止めの種類によっては、クレンジングでないとちゃんと落とせない日焼け止めもあります。

日焼け止めを購入する時には、そういったところも確認して購入することをおすすめします。

 

最近は、水に濡れても落ちにくいウォータープルーフの日焼け止めでも、通常の洗顔で洗い落とせるタイプも販売されています。

女性は普段からメイクを落としたりするのにクレンジングを使う習慣がありますが、男性は買い揃えるところから始めないといけないので、こういったメンズ向けの日焼け止めを使った方がいいでしょう。

 

こちらの記事では、メンズ向けで手間のかからない日焼け止めをご紹介しています。

気になる人は参考にされてみて下さい。

 

メンズ化粧水と日焼け止めは付ける順番が大切!

 

今回のポイントはこちらでした。

 

今回のポイント!

◆メンズ化粧水と日焼け止めはは併用した方がいい。
◆①化粧水⇒②乳液(保湿クリーム)⇒③日焼け止めの順番で付けることが大切。
◆オールインワン化粧水なら手間いらずでラク。
◆日焼け止めのには種類や効果の強さで違いがあり、使い分けることが大切。
◆通常の洗顔で洗い落とせる日焼け止めがおすすめ。

 

化粧水と日焼け止めを併用することで、肌トラブルの大きな原因となる『乾燥対策』&『紫外線対策』ができるので、ぜひ男性も積極的に取り入れていきたいところですね。

 

ただ、付ける順番や使用する種類なども、しっかりと選ぶことも大切です。

正しく使って、綺麗で若々しい肌を手に入れましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています!

応援していただけると本当に嬉しいです^-^


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村


LINE@でも男の悩みに関する情報を発信しています!
LINE@への登録する
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事