メンズ化粧水の使い方は?タイミングや付け方と正しいスキンケアの方法!
Pocket

 

化粧水でスキンケアを始めようとしている男性も増えてきていますね。

でもいざ化粧水を使うとなると、そもそも使い方がわからないという人もいるかもしれませんね。

もしくは、化粧水を使ってみたけどなかなか効果が感じられないという人もいるかもしれません。

 

何でもそうですが、メンズ化粧水にも正しい使い方があります。

この記事では、メンズ化粧水の正しい使い方を解説していきたいと思います。

 

この記事を読むことでわかること!

◆洗顔後の化粧水を付ける正しいタイミング。

◆化粧水の正しい付け方。

◆化粧水と一緒に使った方がいいスキンケアアイテム。

◆洗顔以外でも化粧水を付けた方がいい場合。

 

洗顔後は30秒以内に化粧水を付けよう

 

化粧水を付ける1番いいタイミングは洗顔の後です。

洗顔で余分な皮脂や汚れが落ちている状態で化粧水を付けていきます。

ただ、余分な皮脂や汚れが落ちている状態というのは、肌がむき出しの状態になっているということです。

 

この状態のまま放置するのは1番肌トラブルが起きやすいので、できるだけ早く化粧水を付ける方がいいです。

できれば30秒以内に化粧水を付けた方がいいと言われています。

 

さ、30秒以内!?

 

30秒以内というと、かなり短いですよね?

30秒以内が理想ではありますが、この時間にこだわりすぎると失敗する可能性もあるので、目安くらいで考えておくといいと思います。

 

失敗? 失敗するかもってどういうこと??

 

私の経験から、急ぎすぎて失敗したことをお話ししますね!

 

洗顔後は顔と手の水分をしっかり拭き取る

 

洗顔後は当然、顔や手をタオルで拭いてから化粧水を手に取ります。

ただ、慌てて急ぎすぎると、顔の水分はよく拭き取れていないし、手も少し濡れたままで化粧水を付けようとすると、よく顔に乗っていかないというか、化粧水がうまく付けられないような感じがします。

 

化粧水もほとんどが水でできていますが、やっぱり水とは少し手触りが違います。

でも顔や手の水分がしっかり拭き取れていないと、化粧水の手触りではなく水の手触りになってしまっているのがわかると思います。

化粧水を付けた後の肌のしっとり感も弱いので、化粧水を付ける時は顔と手の水分をしっかり拭き取るのが上手に付けるコツです。

 

そうなんだ!
じゃあ、タオルで顔と手をゴシゴシ拭いて、サッと化粧水を付けるといいんだねッ!

 

タオルでゴシゴシ拭くのはNG!

 

顔の水分をしっかりと拭き取ることは大切なのですが、タオルでゴシゴシ拭くのは絶対にNGです!

えッ!?

 

顔の肌って思っている以上にデリケートなんです。

それなのにタオルでゴシゴシ拭いてしまうと、肌を痛めてしまいます。

それを洗顔をするたびにタオルでこすってしまったら、せっかく化粧水を付けてスキンケアをしようとしているのに、肌を痛め続けることになりかねません。

 

『30秒以内』にこだわりすぎると、このようなことになりますので、あくまで目安として捉えておきましょう。

 

洗顔は朝晩の2回が理想!
ちなみに、洗顔は朝と夜の2回が理想です。
朝起きたときたときの顔は、汗やダニなどが付いているかもしれません。
不衛生なので、朝も洗顔料を使ってキレイに汚れを落とし、その後に化粧水を付けるようにしましょう。反対に1日2回以上、洗顔料で顔を洗うのは洗いすぎです。
洗顔料は余分な皮脂や汚れを落としてくれますが、洗いすぎるとかえって肌に負担がかかってしまいますので、1日2回までにしておきましょう。

 

 

化粧水の正しい付け方!とにかく優しくゆっくりと!

 

実際に化粧水を顔に付けていく時にも注意点があります。

メンズ用化粧水などのCMとかでもよくありますが、勢いよく顔にバシャッ!と付けているようなシーンがありますが、化粧水を付ける時は優しくグッと肌に押し込むような感じの方がいいです。

 

勢いよく顔にバシャッ!!て付けるのは間違いなの!?

 

先ほども言いましたが、皮膚は思っているよりもデリケートなので、間違ってもパンッ!と顔を叩くような付け方は肌を痛めてしまいますので止めましょう。

基本的に顔をこすったり叩いたりするのはNGです。

優しくゆっくり浸透させるイメージで化粧水を付けるのが正しい付け方なので、正しい化粧水の付け方をマスターしてしっかりとスキンケアをしていきましょう。

 

手の平に広げて伸ばし優しく押し込む

 

基本的に化粧水を付けていく順番は次の通りです。

  1. 化粧水を『適量』手に取る。
  2. 手の平で化粧水を伸ばす。
  3. 頬⇒鼻⇒おでこ⇒顎の順番で押し込むように付けていく。
  4. 目や口や鼻の周りなど、細かい部分に優しく付ける。

 

手の平に一度、化粧水を広げるのは、手の平の温度で化粧水を温めるためです。

そうすることでより肌になじみやすくなると言われています。

 

また、『適量』というのは化粧水のボトル容器などに記載があるはずです。

1円玉くらいとか、そのような表現をしているものが多いのですが、それを参考にして適量を付けるようにしましょう。

 

足りないかな?と感じたら2~3回付けてもOK!

 

乾燥がひどい箇所や、乾燥する秋・冬の季節では、人によっては1回だけではしっかり保湿できない場合もあります。

そんな時は、2~3回繰り返し化粧水を付けましょう。

 

ただ、必要以上に付けすぎるのはかえってよくありません。

水分量が多すぎてもふやけるようになってしまうので、肌を触ってみた感触などから判断しましょう。

適量の化粧水を付けられているときは、肌がしっとりしているのがわかると思います。

 

なんでも「多ければいい」というわけではなくて、『適量』が大切なんだねッ!

 

化粧水を付けた後は乳液(保湿クリーム)が必要!

 

意外と知らない男性が多いのですが、基本的には化粧水を付けたら乳液や保湿クリームを付けた方がいいです。

スキンケアというのは

洗顔

化粧水

美容液

乳液(保湿クリーム)

という順番で付けていきます。

『あとに付けるものほどとろみがある』と覚えておくといいですね。

 

なぜ化粧水の後には乳液(保湿クリーム)を付けた方がいいのか説明していきます。

 

乳液(保湿クリーム)で水分が逃げないようにパック!

 

洗顔の後は余分な皮脂や汚れがきれいに落ちた状態です。

そのままだと、皮膚の水分が揮発して乾燥してしまうため、30秒以内を目安に化粧水を付けていきますが、化粧水もほとんどは水でできています。

なので、化粧水を付けただけなら、また水分が揮発してしまい結局乾燥してしまうのです。

 

そうならないために付けるのが、乳液(保湿クリーム)というわけですね。

乳液(保湿クリーム)は化粧水と違って水分ではなく油分です。

つまり、水分が揮発しないように油分でフタをするというイメージを持っておくといいですね。

 

だから乳液(保湿クリーム)は後から付けるんだねッ!

 

ただし、化粧水を付けたあとすぐに乳液(保湿クリーム)を付けるのはNGです。

水分と油分が混じり合って、本来肌に浸透すべき化粧水が肌に馴染んでいかなくなりますので、化粧水を付けて肌の表面から水分を感じなくなってから付けるようにしましょう。

 

個人差や使っている化粧水によりますが、私の体感としてはだいたい5分前後だと思います。

5分くらいたったら乳液(保湿クリーム)を付けるようにするといいと思いますよ。

 

ただ最近は化粧水だけでも大丈夫なものもあります。

乳液(保湿クリーム)を付けなくても、乾燥しないようになっているものもあるので全てがそうだというわけではありません。

そういった種類の化粧水をオールインワンと言ったりしますね。

 

オールインワン化粧水は手間いらずで便利

 

オールインワンとは、化粧水・乳液(保湿クリーム)までを含めてケアしてくれる化粧品です。

つまり、洗顔後にオールインワンタイプの化粧水を付ければ、それでスキンケアは終わりということです。

 

特にスキンケアの習慣がない男性には、面倒な手間がかからず重宝するアイテムですね。

種類によって、オールインワン化粧水とか、オールインワンジェル(ジェルタイプ)オールインワン美容液といったものがあったりします。

 

個人的には手間いらずで、男性でもサッとスキンケアができるのでオールインワンタイプのものがおすすめです。

 

 

髭剃りの後も肌は荒れやすい!化粧水でケアを!

男性は髭を剃りますね。

髭剃りも実は肌を痛めているんです。

 

カミソリの刃が肌を削っているようなものなので、肌が荒れて乾燥しやすい状態になってしまいます。

とは言っても、髭剃りは必要なのでこれは仕方がないこと。

なので、髭剃りの後も化粧水で傷んだ肌をケアしましょう。

 

もしくは、アフターシェーブローションなどでもOKです。

アフターシェーブローションとは、髭を剃った後や脱毛をした後などにつけるローションのことで、傷んだ肌を整えてくれるだけでなく、モノによっては抑毛成分が配合されているものもあります。

持っていないようであれば化粧水でも十分なので、とにかく髭を剃った後は傷んだ肌をしっかりとケアしてげましょう。

 

ちなみに、T字カミソリよりも電気シェーバーの方が肌への負担は少ないので、理想としては電気シェーバの方がいいでしょう。

電気シェーバー

私はパナソニックのラムダッシュを使っていますが、最近の電気シェーバーはT字カミソリのように深剃りしてくれます。

価格は高いですが、長い目で見ればT字カミソリを買い続けるよりも安くなると思い、思い切って買いました。

出かける前にサッと髭を剃れるし、おまけに肌への負担も軽減されるので重宝しています。

 

メンズ化粧水を正しく使ってスキンケアをしよう!

今回のポイントはこちらでした。

今回のポイント!

◆化粧水は1日2回の洗顔の後に付けるのが1番いいタイミング。
◆洗顔後30秒以内を目安に、なるべく早く化粧水を付ける方がいい。
◆洗顔後、顔や手の水分をしっかり拭いてから化粧水を付ける。
◆タオルで顔をゴシゴシ拭くのは肌を痛める。
◆化粧水の後は乳液(保湿クリーム)を付ける。
◆オールインワン化粧水は基本的に乳液などは必要なく、男性でも手軽にスキンケアできる。
◆髭剃り後は肌が傷んでいるので、化粧水などでしっかりケアすることが大切。

 

男性の場合、昔からスキンケアをする習慣がありませんでしたし、誰かから教わることもないため、ついつい適当にやってしまいがちですが、化粧水1つとっても正しい使い方があります。

せっかくスキンケアをするのですから、その効果をしっかりと発揮させるためにも正しく使いましょう。

そして、肌トラブルのない肌を手に入れましょう。

 

 

ブログランキングに参加しています!

応援していただけると本当に嬉しいです^-^


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村


LINE@でも男の悩みに関する情報を発信しています!
LINE@への登録する
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事