男性の香水の正しい付け方は?今すぐ職場の女性の好感度を上げる方法!
Pocket

 

香水の正しい付け方を知らない男性は結構多いです。

よくあるのは、体全体からプンプン漂う香水の香り・・・。

職場などではスメハラ扱いされてしまいます。

 

香水は正しい付け方と付ける量が決まっているので、正しく使えば周りの人たちにも好感を持ってもらえます。

特にミドル世代の男性は体臭なども気になる年代です。

 

職場などでは密閉された空間だったり、女性とすれ違う距離も近いので、匂いに敏感な女性は『〇〇さんて最近特に臭うよね・・・』なんて秘密の会議で話題にあがる可能性もあります。

 

ただ、この『臭い』を『匂い』に変えてあげるだけでマイナスをプラスに変えることができるので、香水はモテる男の必須アイテムでもあるのです!

香水の正しい使い方をマスターして、女性たちの好感度を上げていきましょう!

 

こんな人に読んでほしい!

この記事は次のような人に読んでほしい記事です。

◆香水の正しい使い方を知りたい男性。特に30歳~54歳のミドル世代。

◆ミドル世代の男性が使うべき香水の種類を知りたい人。

◆職場で香水を付ける場合の注意点やスメハラにならないための知識を付けたい人。

香水は付け方を間違えるとスメハラに!

 

香水は女性の好感度を上げるうえでは欠かせないアイテムです。

しかし、香水の付け方を間違えると逆効果になることもあります。

これが職場の場合はもっと深刻で、スメハラ(スメルハラスメント)になる場合もあります。

香水は使い方1つで『匂い』にもなるし『臭い』にもなるアイテムなのです。

 

  • 匂い:香りと同じようなイメージで使われるニオイのこと。
  • 臭い:「くさい」という意味のニオイのこと。

 

 

また、香水の種類や香りの選び方にも注意が必要です。

人の好みの問題もあるので一概には言えませんが、ミドル世代の男性の場合だと、やっぱり『大人の香り』を漂わせたいですよね。

男性のニオイに女性はかなり敏感なので、香水選びも実は重要なポイントになるのです。

 

香水の正しい付け方!

 

香水の正しい付け方を知るには、香水の種類について知っておく必要があります。

なぜかというと、香水はその濃度によって4種類に分かれているので、付ける量が違ってきます。

そして、濃度が違うことで体のどこに付けた方がいいのかも違ってきます。

 

基本的に、香水は下から上に香り立つように付けますが、濃度の濃い香水を鼻の近く(体の上の部分)に付けると、相手の顔の近くで香りすぎるのでニオイがキツすぎます。

『香水がキツすぎて頭が痛い・・・』というのは、職場のスメハラあるあるです。

おしゃれな大人の男性を演出するどころか、香水の付け方も知らない人となってしまうので注意が必要です。

 

ということで、まずは香水の4つの種類から見ていきましょう。

 

香水の種類は大きく4つに分けられる

 

香水の種類は大きく4つに分けられます。

  1. パルファム(パルファン)
  2. オードパルファム(オードパルファン)
  3. オードトワレ
  4. オーデコロン

 

パルファムが1番濃度が濃く持続時間が長くなります。

なので、オーデコロンが1番濃度が薄く持続時間も短いということになります。

香水の価格もそれに合わせてパルファムが1番高いとなっていきます。

 

各メーカーによってそれぞれで濃度を決めているので、同じ濃度でもAのメーカーではオードパルファム、Bのメーカーではオードトワレと表記されている場合もあります。

ですので、1つの目安として見てください。

 

また、香水の香りの持続時間も種類によって違うので、付けなおす時の目安としてください。

では、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

パルファム(パルファン)

 

  • 濃度:15%~30%
  • 持続時間:5時間~12時間

 

パルファムは1番濃度が高く、持続時間も長いです。

一回の使用量も数滴となります。

価格帯も4種類の中では1番高くなり、どのメーカーでも高級品という位置づけになります。

 

種類も少なく、あまり出回っていないことが多いです。

一般的なスプレータイプではなく、一滴付けるという使い方になるため、よく『パルファンは点を意識して付ける』と表現されます。

 

最近ではロールオンタイプという、付ける量を調整しやすいようなものも出てきていますが、使用量を間違えると強すぎるため、初めて使う人は職場などでは使用しない方がいいでしょう。

 

オードパルファム(オードパルファン)

 

  • 濃度:10%~15%
  • 持続時間:5時間~12時間

 

『オード』とは『水』という意味があり、パルファムよりも薄いとイメージするといいです。

とは言え、濃度も高く持続時間も長い上に、パルファムよりも価格が抑えれています。

 

スプレータイプが多く、パルファムの『点で付ける』に対して、オードパルファムは『線をイメージして付ける』と表現されます。

オードパルファムも使い慣れない内は、職場では使用しない方が無難でしょう。

付ける量としては、1~2プッシュくらいを目安に付けすぎないようにしましょう。

 

オードトワレ

 

  • 濃度:5%~10%
  • 持続時間:2時間~5時間

 

一般的によく目にする香水がオードトワレでしょう。

使っている人も多いと思いますし、香水と言えばコレ!とイメージしている人が大半かもしれません。

 

こちらもオードパルファム同様に『線をイメージして付ける』スプレータイプになります。

価格も購入しやすいものが多いのですし、職場で使用するなら私はオードトワレをおすすめします。

 

ちなみに『トワレ』は『化粧』を意味します。使いやすく、香水を普段使わない人でも失敗しづらいです。

付ける量としては、2~3プッシュを目安につけるといいでしょう。

 

オーデコロン

 

  • 濃度:1%~5%
  • 持続時間:1時間~2時間

 

世界最古の香水と言われているオーデコロンはドイツの発祥とされています。

4種類の中では一番安価で、濃度も低く持続時間も短いです。

そのため、お風呂上りやスポーツの後に使用している人も多いとか。

 

オーデコロンは『面をイメージして付ける』と表現されます。

香りの特徴として、爽やかなものが多いです。

 

職場で使える香水の付け方

 

職場で使用する香水としては、私はオードトワレをおすすめします。

1番失敗が少ないと感じるからですね。

 

職場に限らずですが、香水はプンプン匂わせてしまうと、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。

そういった意味でも、オードトワレを使用した方が無難でしょう。

 

ただ、濃度が低いと匂いもキツくないかというとそういう訳ではありません。

付けすぎてしまえば正直いって香水臭いです。

適量を正しい場所につけなければスメハラ扱いを受けるので注意が必要です。

 

付ける場所と効果

 

香水を付ける場所としてはいくつかあります。

一般的には手首につけて擦ったあとに首筋に付ける人が多いと思いますが、香水は擦ってしまうと香りの粒が潰れてしまいますので擦らない方がいいです。

ポンポンと軽くたたくイメージで付けていきます。

 

また、香水は紫外線に当たると赤みがでたりシミになってしまうこともあります。

直射日光が当たらない場所に付けるようしましょう。

 

洋服に付けるのもNGです。

そもそも香水は体に付けて、体温により香りの変化を楽しむものです。

洋服に付けてしまうと、香水の成分でシミになることもあるので注意しましょう。

 

香水を付ける場合のポイントはこちらです。

  • 体温が高い場所
  • 鼻から遠い場所
  • 上半身は香りが強くなる
  • 下半身は香りがソフトになる

 

このポイントを覚えておきましょう。では、具体的にどの部分につけるのかをみていきましょう。

 

香水を付ける場所:耳の後ろ

 

耳の後ろには太い血管があり、血管があるため体温が高い傾向にあります。

ただ、直射日光が当たらない方がいいので、個人的にはあまり付けない場所です。

 

また、うなじも耳の後ろと同じように太い血管がありますが、女性であれば髪の毛で直射日光を防ぐことができますが、男性は短髪の人が多いと思うので直射日光が当たりやすいと思います。

 

ですので、個人的にはうなじもあまりおすすめしません。

もしつける場合は、一度指に香水を付けて耳の後ろやうなじに付けるといいでしょう。

 

香水を付ける場所:肘の内側

 

肘の内側にも太い血管があり、体温で香水の香りが漂いやすくなります。

また、腕はよく動かす場所でもあるので、良い感じに香水の香りが漂ってくれます。

 

注意点としては、夏など暑い時期は半そでの人が多いと思いますので、直射日光が当たりやすいですし、オフィスではちょっと香りすぎるのではないかと思います。

職場であればもう少し鼻から遠い場所に付けた方が無難でしょう。

 

香水を付ける場所:手首

 

手首に付ける場合は、擦らないようにします。

香りのが飛んでしまいますので、ポンポンと軽くたたく程度がいいです。

 

付ける量にも注意が必要で、スプレータイプなら少しだけ付けるくらいがおすすめです。

量を間違えてしまうと、周りの人たちに不快感を与えてしまう可能性もあるので、職場ではあまり付けない方がいいと思います。

 

香水を付ける場所:左胸(心臓)

 

左胸は心臓の脈動によって香りがたってきます。

鼻からも遠い場所なのでほのかに香りに包まれます。

 

また、スーツを着てネクタイを締めているため、派手に香りが拡散することも防げます。

反対に夏場でクールビズが推奨されている職場ではノーネクタイになると思いますので、その時は注意が必要です。

 

付ける量を調整するか、腰や下半身などに付けるようにしましょう。

 

香水を付ける場所:腰周辺

 

腰周辺は、ほのかに香水の香りが漂う場所なので、職場だけでなく食事の時でも問題ありません。

ウエスト辺りに、30cmほど離してから1~2回プッシュするとほんのり香りが上がってきて香り全体に包まれるようになります。

個人的には1番おすすめしたい場所です。

 

香水を付ける場所:内もも・膝の内側・足首の内側

 

下半身に香水を付けると、体全体を香りが包み込んでくれるようになりますし、鼻からも離れている場所なので『スメハラ対策』としては1番無難な場所と言えます。

 

また、香水は下から上に向かって香り立つものなので、1番理にかなっている場所とも言えますね。

特に歩ている時などは、動くことで香りがふんわり香ってくるのでいい感じになります。

香水の付けなおしの時も足首の内側などはおすすめです。

 

女性は男性の『ニオイ』に敏感!『匂い』で好感度を上げる!

 

職場の女性陣から好感を得たい時に役立つ香水ですが、女性は男性のニオイにかなり敏感なのです。

いい匂いでも嫌な臭いでも・・・。30歳~54歳までの男性を一般的にミドル世代と呼びますが、ミドル世代の代表的な体臭としてミドル脂臭があります。

ミドル脂臭は別名『つわり臭』とも呼ばれており、ミドル脂臭の臭いを女性が嗅ぐとムカムカする場合もあるらしいです。

 

ただ、これはチャンスでもあります。

 

周りのミドル世代の男性陣がミドル脂臭を放っている中、あなたが香水でいい香りをフンワリ漂わせているならば、間違いなく好感度は上がります。

 

また、職場内に気になる女性がいるのであれば、一般的な香水ではなくフェロモン香水をおすすめします。

女性は『男性のニオイ』を感じ取ります。つまりフェロモンですね。

フェロモン自体にニオイはありませんが、女性は本能的に男性フェロモンを感じ取るので、デートにもおすすめの香水をご紹介していきます。

 

職場におすすめの香水

 

私が個人的におすすめする職場用の香水は、『ブルガリ プールオム』です。

知っている人も多いかもしれませんね。

 

私もこれまでいくつか香水を試してきましたが、最終的にこの香水に落ち着きました。

とにかく外さない香水と思ってもらっていいと思います。

 

個人によって好みもあるので一概には言えませんが、『このニオイ嫌い』とは、女性からも男性からも言われたことは一度もありません。

 

 

意中の女性がいる場合やデートにおすすめの香水

 

職場に意中の女性がいたり、デートにおすすめしたいのは、『ガレイド・プレミアム・パルファム』です。

この香水はいわゆる『フェロモン香水』と呼ばれるものですが、女性が好む匂いを徹底的に研究して作られている香水です。

 

実際に、私も独自に複数の女性(20代~30代)に感想を聞いてみましたが、外れナシでした。香りも良いです。

個人的にはスパイシーな感じがすると思っていたのですが、女性陣全員からはいい香りの石鹸の匂いと言われました。

 

まぁ、香水は付けた男性によって香りが変化するものなので一概には言えないのですが、職場でも問題なく使える香水であることは間違いありません。

 

 

 

女性はニオイに敏感!正しい香水の使い方をマスターしよう!

 

この記事のポイントをおさらいしましょう。

この記事のポイント!

◆香水は正しく使わないとスメハラになる可能性がある。
◆香水には4種類ある。(パルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロン)
◆香水に種類によって濃度や持続時間が違う。
◆香水は直接体に付けるもの。衣類に付くとシミになる場合もある。
◆香水は下から上に香り立つもの。職場ではウエスト周りか下半身に付けるのがおすすめ。
◆おすすめの香水はブルガリ プールオム。
◆職場に意中の女性がいたり、デートで使用するならガレイド・プレミアム・パルファムがおすすめ。

 

女性は男性のニオイにかなり敏感です。

特にミドル世代の男性は、ミドル脂臭を放っている可能性があります。

体臭などはあまり面と向かって伝えられないものなので、もしかしたら陰で噂されている可能性もあります。

 

しかし、香水というアイテムを使うことで女性の好感度は即上げることができます。

正しい使い方をマスターして、女性社員から注目を集めましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています!

応援していただけると本当に嬉しいです^-^


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村


LINE@でも男の悩みに関する情報を発信しています!
LINE@への登録する
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事