紫外線対策はいつから必要?時期は関係なく1年中降ってる?
Pocket

 

紫外線は人の肌に深いダメージを与える大きな原因です。夏には日焼け止めなどで対策をする男性も多いでしょう。しかし、紫外線は夏だけに降るものではなく、1年中降っているのです

 

男性でもスキンケアを意識している人は増えてきていますが、1年中紫外線対策をしている人はまだ少ないのではないでしょうか?今回は、シワやたるみの大きな原因となる紫外線と、紫外線対策はいつから始めればいいのか?について解説していきたいと思います。

 

こんな人に読んでほしい!

この記事では次のような悩みを持つ人に読んでほしい記事です。

◆紫外線対策はいつから始めればいいのか、時期が知りたい人。

◆紫外線が1年間でどれくらい降り注いでいるのか知りたい人。

紫外線対策は1年中必要!放っておくと老け顔の原因になる!

 

紫外線は夏の暑い時期だけに降り注いでいるものではありません。冬の時期でも、ピーク時の半分以上の紫外線を私たちは浴びているのです。この紫外線は、私たちの肌に大きな影響を与えます。肌の老化を加速させるため、紫外線対策をしていないと老け顔の大きな原因にもなるのです。

 

この記事で知ってほしいポイント!

紫外線は3種類ありUVA・UVBは1年中降っている。

紫外線対策はUVA(PA)とUVB(SPF)を防げるものを必ず使用する。

屋内でもガラスをすり抜けて肌にダメージを与えている。

紫外線は肌のたるみやシミ・シワの原因に!老け顔を作ってしまう大きな原因になる。

紫外線とはそもそもなんなの?

 

紫外線とは、太陽光線の一種であり地球上に降り注いでいる紫外線は波長の長さで3種類にわけられます

  • 紫外線A波(UVA)
  • 紫外線B波(UVB)
  • 紫外線C波(UBC)

 

紫外線B波(UVB)の一部と、紫外線C波(UVC)はオゾン層によって防がれていますが、紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVB)の一部を私たちは浴びていることになります。

 

紫外線(UVAUVBを浴びることで、日焼けをしたりシミができたりするわけですが、それ以外にも炎症を起こしたり肌の老化が加速するため紫外線対策が必要です。

 

3種類の紫外線の特徴

 

3種類ある紫外線のそれぞれの特徴について見てみます。この特徴を知ることで、どんな紫外線対策をするといいのかが見えてきます。

 

紫外線A波(UVA)

 

UVAは、私たちの肌の深い部分である『真皮層』にまで達する紫外線です。『真皮層』内に活性酸素を作り出します。UVAが真皮まで達すると、活性酸素を発生させDNAを傷つけたりコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

 

DNAが傷ついたりコラーゲンやエラスチンが破壊されると、シワやたるみなど肌が老化し皮膚も黒くなっていきます。また、UVAの特徴として窓を突き抜けて私たちの体に届き、曇りや雨であっても降り注いでいます。そのため室内であっても、特に窓際などであれば紫外線対策をしないとシワ・シミ・肌の老化が加速といたことになるのです。

 

 

UVAの紫外線量は4月~8月がピークとされていますが、1年中降り注いでいるため常に対策が必要です。

 

紫外線B波(UVB)

 

UVBは、私たちの肌の表面に活性酸素を作り出し肌を赤くし炎症を引き起こします。肌に発生した活性酸素は、紫外線を浴びていなくても『メラニン色素』というものを過剰に作りだし、その結果シミやソバカスとなります。

 

 

UVBの紫外線量は、5月~8月がピークとされていて、少なくとも春から秋までの期間は対策が必要です。

 

紫外線C波(UVC)

 

UVCは、UVBよりも有害な紫外線です。通常はオゾン層によって降り注がない紫外線でしたが、オゾン層の破壊によって降り注いできているのではないか心配されています。現在の日焼け止めは、UVCを防ぐ能力はなくUVAやUVBに対する対策となります。

 

紫外線は1年中降り注いでいる

 

紫外線を浴びることで体に対する影響がわかりましたが、紫外線対策は夏だけやればいいというものではありません。確かに夏の暑い時期の紫外線量が一番多いのですが、冬であっても紫外線を私たちの体は浴びているのです。

 

UVA量、UVB量の月間変動
引用元:www.nihon-loreal.jp

 

UVAは、一番紫外線量が少ない12月の時期であっても、一番紫外線量の多い5月の半分以上の紫外線量が降り注いでいることがわかります。これが、紫外線対策は1年中必要だといわれる理由なのです。

 

天候による紫外線量の変化は?

 

天候によって紫外線量は変化します。晴れを100とした場合、曇りと雨の紫外線量は下記のように変化します。

晴れ 100%
曇り 約65%
約20%

 

雨の日は、約20%まで紫外線量は減ります。これを見ると、梅雨の時期は紫外線量が少ないように感じますね。しかし年間の紫外線量の推移を見てみると、6月~7月はUVA・UVBともに紫外線量はかなり多のです。そのため、梅雨の時期であっても紫外線対策は必要なのです。

 

紫外線対策はどうすればいい?

 

1年中降り注ぐ紫外線から肌を守るために、どのような対策をすればいいのでしょうか?パッと思いつくのは日焼け止めですが、その他にもできる対策がありますのでご紹介していきます。

 

日焼け止め

 

まずは日焼け止めです。

 

日焼け止めは1年中塗っておく必要がありますが、状況によって使い分けることが重要です。日焼け止めの『PA』はUVAを防ぎ、『SPF』はUVBを防いでくれます。それぞれに効果の高さや持続時間で種類がわかれていますが、効果・持続時間が高くなればなるほど肌への負担も大きくなります。

 

詳しくは下記の記事にまとめています。

 

帽子をかぶる

仕事中は難しいかもしれませんが、帽子をかぶれるときは必ずかぶった方がいいでしょう。頭皮も顔の肌と同じ皮膚です。紫外線によるダメージを受けてしまいますので、頭皮の炎症や乾燥を招く可能性もあります。

 

また、それが原因で抜け毛などもでてきたりしますので、できる限り帽子をかぶるようにした方がいいでしょう。もしくは、スプレータイプの日焼け止めであれば、髪にも使えますので上手に活用しながら紫外線対策をおこないましょう。

 

 

サングラスをかける


紫外線によって目も日焼けするといわれていますし、目の周りやこめかみなどにシミ・そばかすの発生を防ぐことができます。できるだけ大きいものを選ぶようにするといいでしょう。当然ですが、UV対策のサングラスを選ぶ必要があります。

 

紫外線対策は1年中必要!老け顔対策にもなる!

◆紫外線は3種類ありUVA・UVBは1年中降っている。
◆紫外線対策はUVA(PA)とUVB(SPF)を防げるものを必ず使用する。
◆屋内でもガラスをすり抜けて肌にダメージを与えている。
◆紫外線は肌のたるみやシミ・シワの原因に!老け顔を作ってしまう大きな原因になる。

 

紫外線は1年中降り注ぎ、私たちの肌に大きなダメージを与えます。シワやシミ、肌の弾力を奪い肌の老化を加速させていきますので、紫外線対策は年間を通して必要なのです。その結果、老け顔の改善にもつながってくるので、意識的に取り入れていきたいましょう。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!

応援していただけると本当に嬉しいです^-^


人気ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ 男磨きへ
にほんブログ村


LINE@でも男の悩みに関する情報を発信しています!
LINE@への登録する
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事